スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歯のケア 

皆さんは、可愛いワンちゃんたちの「歯」について、
どんなケアをされていますか?

犬にも「むし歯」が出来ます。

でも、人間の様に、歯科医師がいる訳ではありません。

また、人間の様に、むし歯を簡単に抜歯する事が出来ません。
犬のむし歯の抜歯は、外科手術と同様なんです。

その為、むし歯にならない様にする必要があります。


そこで、皆さんはどんな物を使っていらっしゃいますか?

ペットショップ等に、沢山揃ってますよね?

人間の子供達の様に、歯ブラシで磨いてますか?

それとも、指サック型のグッズで、
歯を直接、磨いてますか?

我が家では、これらを色々試しましたが、
どれも嫌がり、拒否されてしまいました。

遊びがてら・・・・とか、
歯みがき剤を気に入る様に、工夫してみたり、
わざと、私が磨いているのに付き合わせ、
私の使っているチューブを舐めさせたりしましたが、
どれもNO!でした。

歯の健康グッズとして、
骨型の歯ケア品がありますよね?
これもNO!だった子供達。

ホトホト困りました。

それで、我が家では、
キャベツや、白菜等の、硬い芯の部分を食べさせる事に。

繊維が、歯間に挟まる危険はあるものの、
食べた物を、水分と共に、食べてくれる事と、
硬い部分をかじる事で、歯の表面が磨かれるかと・・・・

この方法は、決してベストではありません。

あくまでも、我が家の工夫の末の方法です。

メリットとデメリット、両方を加味した上での事です。

ただ・・・・
歯肉炎になった犬は、食べる楽しみが減ってしまうので、
これも避けたい症状なんです。

貴方の可愛いわんちゃんの歯は、健康ですか?

毛並みもそうですが、
歯のケアも忘れずにしてあげて下さいね。


他に良い方法をお持ちの方。
是非、ご紹介下さい。


スポンサーサイト

獣医さん 

前回の歯の件については、
いろんなお話しを頂いたので、
次回にお知らせしますね。


みなさんは、獣医さんとどんな関係ですか?
ちゃんとコミュニケーション、取れていますか?

これは、私個人の考え方かもしれませんが、
『掛かりつけの獣医さん』は、絶対必要だと思います。

子供達は、症状を自分で訴える事ができません。
私達が代弁してあげないと、獣医さんも解かりません。

だから尚更、
病気の前歴等を分かって下さってる掛かりつけ獣医さんがいるのは、
子供達の為にも良いと考えます。

ただし・・・・
自宅の近くだから、とか、今まで通っているから、等の理由で
コミュニケーション取れない獣医相手なら、
私は、変えるべきだと思います。

きちんと症状説明をして下さり、
それも、飼い主の私達に理解出来る様に説明して下さり、
治療方法を提案してくれ、
飼い主に選択の余地を与えてくれる・・・・
勿論、飼い主の疑問にも回答して下さり、
親身に子供達に接してくれる。
そんな獣医さんですか?

飼い主側が、言われる一方で、
獣医の押し付け治療を強いる様なら、
コミュニケーション取れてるとは言わないかと。

ちゃんと説明があり、質問が出来る。
そんな間柄でないと、不安が募るばかり。

それでは、子供達の治療に良い訳がありません。

きちんとした提案、きちんとした判断、
そんな獣医さんとの間柄であって下さい。

きちんとしたコミュニケーション取って下さい。
取れなければ、取れる獣医を探しましょう。

必ず見付かります。

貴方と、貴方の大事な子供達の為の、
最高の獣医さんが必ずいるはず。
見付かります。
・・・いえ、見つけて下さい。

これは一例です。
私の知り合いで、
同じ病気で、A獣医とB獣医に掛かった人がいました。
A獣医は、治療費を35万円と見積もりました。
助けたいけど、とてもこんな高額治療費を払えないと思い、
いろいろ探したそうです。
そして出逢ったB獣医。
ここで診察を受け、見積もられた治療費は17万円。
それも入院無しで、通院で治療可能との事。
現在、完治し、元気になりました。

人間でも、そうじゃないですか。
きちんと説明してくれない医師って、信用されてませんよね。
カンファレンスがちゃんとされないと不安です。
『絶対』がないのですから、
本人の選択出来る様にしてもらわないと。

子供達も同じ。
私は、そう考えます。

こう言ってはいけないけど、
お金儲け主義の獣医さんもいます。
その反面、損ばっかりしながらも、
必死に、小さい命を助け様としている獣医さんもいます。
そんな先生とめぐり会いましょう。

絶対、貴方の側に、そんな獣医さんがいるはず。
そんな先生と、ちゃんとコミュニケーション取れれば、
もう鬼に金棒です。

今、不充分なら、探してみませんか?


ちなみに、コミュニケーションは、
先生ばかりがいけない訳ではありません。
貴方の方も、いけない部分があるかも?
きちんと聞いていますか?確認していますか?
質問も出来ていますか?


皆さんは、いかがですか?
現在の掛かりつけの先生と良い関係ですか?

さぁ、見直ししてみましょう。

歯のケア 

皆さん!
ワンちゃん達の歯のケア、どうされてますか?


皆さんのケアをご紹介下さい。

沢山の意見、お待ち致しております




犬達の消化。 

家族(飼い犬)に、
皆さんはどんな物を食べさせていますか?

ペットショップ等で買われたドッグフードですか?
獣医さんから買われた、推奨商品のフードですか?
それとも・・・
ご自身で作られたご飯ですか?

我が家は、主人の強い意向で、手作りご飯です。

同じ様に、
手作りされている方ならご存知だと思いますが、
犬達は、人間と消化内容が違います。

まず、
歯の構造が違います。
犬歯は有りますが、磨り潰す臼歯は有りません。

消化器は同じ物がありますが、
消化する物が違います。

例えば、
野菜を食べても、人間の時の様に、
栄養として、消化し、吸収はしません。

試しに、人参を食べさせてみて下さい。
生でも、煮ても、湯がいた物でも結構です。
ワンちゃんが好む様にして、食べさせてみて下さい。

好き嫌いが有って、食べない子もいるかもしれません。
でも、もし食べてくれたなら、
翌日のウンチッチを観察して見て下さい。
綺麗なオレンジ色の、人参色のうんちっちが。

これはつまり、消化をしていないって証拠です。

人間なら、人参の栄養素ビタミンを消化吸収しますが、
犬達には、それが出来ません。

多少、しているかもしれませんが、
人間程、吸収は出来ていません。

残念ながら、野菜達は、
犬達のお腹をスルーするだけなんです。

犬は、元々、肉食の動物ですから、
毎日、お肉を食べていても大丈夫。

人間の様に、
バランスを考えて食べないといけないって事はありません。
犬達は
毎日毎日お肉食べていても、体調が崩れません。

そう言えば、人間でも、民族によって、
(イヌイット族でしたかしら?)
毎日、肉食でも平気♪って事ありましたよね?

欧米人は、日本人より、肉食なので、
腸が短いって話もありましたよね?

つまり、
犬達は、毎日お肉食べるのが普通なんです。
そんな風に、身体が出来ているんです。

でも、人間化して考える現代人は、
肥満犬の事も考え、野菜を混ぜたりして、
かさを増やし、満足感を与えています。

野菜を食べさせて、犬の身体が壊れる事はありません。
ただし、食べてはいけない野菜(ネギ等)は、別です。
犬達は、中毒を起こして、死に至る事もあります。

みなさん、くれぐれも気をつけて、
可愛いワンちゃんに、食べさせてあげて下さいね。

人間と違い、犬達に対しての、
規定や、法律は、かなり甘いので、
自己防衛するしかないんです。

私達飼い主が、調べ、学び、判断し、
可愛い家族に与えるしか、守る方法がないんです。

充分、お気をつけ頂き、
可愛い子供達が、元気で過ごせる様、配慮しましょ♪


怪我の治りがけ 

怪我をした時、痛いですよね。
犬達もそうなんです。

そして、怪我が治り始め、かさぶたになった時、
痒くなりませんか?

実は、犬達もそうなんです。
治りがけの傷って、痒いんです。

我が家には、お転婆さんが2コギおりまして、
この子達は、しょっちゅうヤキモチを焼いて、喧嘩をします。
それで、怪我も日常茶飯事。

この子達を観察して解かったんです。

動物は『痛い!』って たりたりは、しません。
でも、言わないだけで、痛いんです。

それに、怪我したすぐは、何が何だか解からず、オロオロするんです。

治る寸前は、痒がり、しょっちゅう舐めたり触ったり。

人間の子供達が、怪我をした時と同じです。

少しでも、怪我無く済む方が良いですが、
でも、怪我した際は、大事にしてあげて下さいね。

それと一緒に、観察してみて下さい。
その子の性格がよく理解出来ますよ。


Let’s enjoy your life with dogs!


夜の散歩。 

皆さん、夜に散歩されてませんか?

忙しい現代人、暗くならないと帰宅出来ず、
やむを得ず、『夜の散歩』をされている方も多いはず。

でも・・・・
『夜の散歩』の危険性をご存知ですか?

まず、
夜は、街灯があるにしても暗い為、
道に何が落ちているか、把握し難い。

犬は、テリトリー確認もあり、匂いを探っていますよね。
その鼻先に、危ない物が有っても、
飼い主には、解かり難い状況下にあります。

また、
これは、昼夜問わず有る事ですが、
夜は特に、毒入り食べ物が置いてあっても、見つけ難い。

それに合わせて、
犬が何を口にしたか、把握し難い。

鳥のフンも、犬にとっては危険な物と、そうで無い物があり、
その把握の、夜だとし難いですよね。

又、危険人物の徘徊は、夜が多い。

これは、犬のみならず、飼い主も危害を受ける可能性があり、
被害を受けた際も、犯人の確認がし難い。

まだまだ考えられる危険はあります。

そんな中での『夜の散歩』。
私は、駄目と言うつもりはありません。

でも、これらの危険性を把握しているか、していないかで、
大きな違いがあると思います。

どうぞ、くれぐれも気をつけて、お散歩して下さい。

少しでも危険が防げます様に・・・・

気をつけて。 

2/3の節分が過ぎ、2/4の立春を迎え、
暦の上では、春になりました。

でも・・・・
寒波が日本にやって来た為、
普段、雪の降らない東京にも雪が降りましたよね。

いつも降る地方も、しっかり降って積もっています。

そんな季節だから・・・ではないのですが、
今のこの季節、犬達はお腹を壊し易いんです。

下痢気味や、下痢が続いているワンちゃんいませんか?

多分、あちこちで、そんな声を聞いております。

もし、貴方のワンちゃんが、そうでしたら、
まず、慌てず、様子を見てあげて下さい。

元気があり、食欲もある・・・でもゆるゆるのウンチッチでしたら、
すぐにに走らなくても大丈夫。
多分、気温差によるストレスからくるものかと・・・

元気がなく、食欲もない、下痢が2日以上続いているのでしたら、
今すぐ、へ走って下さい。
ワンちゃん本人の治癒力のみでは、回復出来ないかも?
の力を頼らないと、治癒力も発揮出来ないかも?

でも、この季節は、人間もそうですが、
ワンちゃんも体調壊し易いんです。

慌てず、むやみに騒がず、冷静に観察し、対処してあげて下さい。

貴方の愛情を沢山受けたいワンちゃんが、
ほら、すぐそこに待っていますよ。

本日は・・・・ 

本日は、何の日

 平成22年2月2日

はい。
 猫 ニャンニャンの日

貴方の側に居る猫さんと、
どんなコミュニケーション取りました?
笑顔一杯になりました?

ちなみに・・・・
2月22日もそうなので、
今月2回ありますよ
特に、平成22年なので、意識してみませんか?

決して無駄な命は、この世にありません。
全てが、大事な命で、大切にすべき命です。

それは、小さな虫であっても、そう・・・・

人それぞれ、好き嫌いはあるでしょうが、
不必要な命はありません。

たまには、集中する命があっても良いのでは?

楽しいエピソード、待ってます



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。