スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女の手術。。。その3 

胡蝶の体調が、おかしくなって2日目。

その日は、日曜日でした。

獣医さんの殆どが、休診日の日曜日。
しかし、
我が家の掛かり付けの獣医さんは、月曜日が休診日。
でも日曜日の診療は、短時間。

そして、その日曜日は、
私の自由な時間が、夜10時まで取れず、
どうしたものかと・・・・・

主人は現在、闘病中の為、
 の運転を控えております。

獣医さんまで、片道30分掛かるので、
どうしても、車 でないと行けません。

それで、途中、途中、主人に連絡を入れました。

「胡蝶の様子は?」
「胡蝶は、大丈夫?」

主人は、「ん・・・大丈夫かも。。。」

その日も胡蝶は、
半分しか食べませんでしたが、
夕食も食べ、お水も飲んでいた様なんです。

オシッコはちゃんと出てました。
ウンチッチは、少量。
これは、食べていないので、当然かと。

我が家の子供達を診てくれてる獣医さんは、
とても手際が良く、手術も上手。
診察代も良心的で、無駄な事は勧めない。
必要最低限で、治療を行ってくれるんです。

それでいて、
診療時間外でも、休診日でも、
子供達が具合い悪くなったら、連絡する様に、
連絡先までくれているんです。

ただし、これは私達だけでなく、どの患者さんのもその様です。
特に心配な病歴の親御さんには、先生自ら、そう仰ってました。

そんな評判がたっている先生なので、いつ行っても一杯。

患者さんの中には、片道2時間掛けても来ている方も。

通常(健康診断等)は、近くの獣医さんだけど、
具合い悪くなったら、ここに来る方も。(片道1時間)

獣医さん的には、これって儲かりませんよね。
 でも、この先生はOK! なんです。
私達、患者達にとっては、有り難い先生なんです。


胡蝶の様子は、
私が周囲に謝罪してまで、予定を変えなきゃいけない程でなく、
かなり躊躇させました。

主人と相談の結果、
先生には申し訳けないのですが、
急変したら、明日、お願いしようと・・・・

なぜなら、
胡蝶は、少量ながらも食べているし、飲んでる。
嘔吐が有る訳でなく、下痢もない。

食が細くなったと言えば、年齢的にもそうかも・・・?
元気が無い様だけど、部屋の中を歩いてもいる。

気になるのは、
食べる量が減ったのと、元気な無い様子。
それと・・・涙が一杯になっているんです。

目ヤニ等、付いてる事のない胡蝶。
目に一杯の涙と流れた跡。

何故なんだろう・・・・

胡蝶のどこに、何が起きているんだろう・・・



・・・・つづく



スポンサーサイト

長女の手術。。。その2 

その暑い日、
夜になっても、なかなか気温が下がらず、
私達も参ってました

少しでも、胡蝶の体温を下げ様と、
アイス枕や、保冷材等を使ってみました。

暑さ負けした子なら、
それで良くなるはずが、欲するはずが、
胡蝶は、欲しないんです。

涼しい、冷たい場所から、離れるんです。

何故なんだろう・・・・

ここまで冷やすのは、慣れてないから嫌なのかも?
冷えた部分が、その次の瞬間、
身体が温めようとするので、痒くなるのかも?

それで、バスタオル等を使って、
冷たさを和らげてみました・・・・・でも、
胡蝶は喜びません。

それで、様子を見る事にしました。


元々、甘えん坊ではなかった胡蝶。
自立した子でした。
それが、血の繋がりはありませんが、
妹が2人できた頃から、甘える様になりました。

抱っこが、嫌な子だったのに、
すねていた時、
抱き上げて、優しく話し掛けました。

それが嬉しかった様で、
それからは、甘えて、甘えて。。。。

それでも、お姉さんの自覚があるのでしょうか?
妹達の手前、遠慮する事がしばしば。

今回は、甘える妹達に言いつけて、
思いっきり胡蝶を甘えさせました。

“ここ撫でて。”・・・・はいはい。
“よしよしして。”・・・はいはい。
“抱っこして”・・・・・はいはい。
“ただ、側に居て。”・・はいはい。

妹達は、ヤキモチで一杯になってました。
でも、胡蝶の体調が悪いのを察したらしく、
2人して我慢してました。

その夜も、翌朝も、
お水を、ちゃんと飲んでましたし、
オシッコも、ちゃんとしてました。

(我が家では、外でも内でも
 オシッコ出来る様に、させております。)

やれやれ。

翌日は、私が一日家を空けるので、
主人にお願いして出掛けました。

朝は、やはり、いつもより食べませんでした。
でも、昨日の今朝なので、仕方ないかと。

元気が無い時、具合いが悪い時、
子供達は、静かに丸まっています。

でも胡蝶は、そんな様子がありません。

いつもより動きが鈍く、ゆっくりですが、
丸まって、寝続ける様子、ありません。

獣医さんに走るまでも無いか・・・・
そんな風に、主人と考えてました。

それでも、完全に体調が戻ってない胡蝶。

戻るまで、様子を観察する事に。
いつもより注意深く、2人で観察する事にしました。


・・・・つづく

長女の手術。。。その1 

前回の記事で、お話ししました、
ウチの長女の経過を、初めからお話し致します。

私の失敗も沢山あります。

どうぞ皆さんが、そんな失敗をしない様、
願いつつ、順を追ってお話し致します。

別の意味で、ご参考になさって下さい。


 ~

胡蝶(長女)が、急にご飯を残しました。

いつもキチンと食べる胡蝶が、半分しか食べませんでした。
しっかり半分残しているんです。

私の手渡しで、一口、二口食べてくれましたが、
それ以上は、絶対口にしようとしませんでした。

何故だろう
主人と2人、色々考えてみました。

前日まで、極端に言えば、食事時間まで、
私達からすると、元気に見えた胡蝶。

その胡蝶が急にご飯を残したんです。
今までに、そんな事をした事のない子が・・・・

正直、慌てました。うろたえました。

お天気と相談しながらの散歩でしたが、
良いお天気の日は、1時間~3時間の散歩を
3歳の妹達と歩いていた胡蝶。

今年10歳になる胡蝶なので、
歩くペースも、疲れ方も妹達とは違いました。

それでも、一緒に行きたがるので、
妹達には我慢させながらも、
一緒に出掛けておりました。

それも最高気温が、25度を上回る事が無かったから出来た事。

私自身、紫外線アレルギーが有る為、
この季節の散歩は辛いのですが、
暑過ぎず、強過ぎない日は、
子供達の為に、重装備で散歩に行ってました。

梅雨に入り、いよいよ蒸し暑くなるな。。。。
でも、暑くなるのはいつかしら?
なんて、お気楽な事を思ってました。

そんな中、胡蝶が具合い悪くなりました。
丁度、その日は、急に気温が31度まで上がった日でした。

他の子供達(3頭)は、ケロッとしてました。
だから、食あたりでは無さそう・・・・

だとすると何

私達夫婦も、この急な気温の上がり方で、
体調が狂い、身体が重く、しんどい日でした。

それで・・・
きっと、胡蝶もこの気温に参ったと、
そう結論つけました。


・・・・つづく

一大事!! 

我が家の長女が、
本日、緊急手術を受けました。

お陰様で、手術は成功しております。

この経緯を、順を追って、
詳しくお話しさせて頂こうと思います。

ただ本人は、まだ退院出来ておりませんので、
退院し、その様子も含め、
ご報告がてら、お話しさせて頂こうと思います。

多分、同じ思いをされた方、多いことでしょう。。。。。

もっと辛い思いされた方も、沢山いらっしゃるかと。

でも、だから、
まだ、経験されてない方の為にも、
私の失敗や反省も含めて、お話し致します。

大事な家族の異変、
察知してあげれるのは、『あなた』です。

一緒に考えてみませんか?


こんな映画が出来ました! 

今夏、1頭のラブラドール・リトリバーの映画が公開されます。

もう既にいろんな番組等で紹介されてる子なので、
何らかの形で、見たり聞いたりされた事があるかも?

『きな子』 ~見習い警察犬の物語~

をクリックして頂ければ、
映画のオフィシャルサイトに行きますので、
詳しい事は、そちらを見て下さい。

でも・・・・
私から、このきな子ちゃんをちょっとご紹介

香川県の丸亀警察犬訓練所所属。
今年8歳になる、雌のラブラドール・レトリバー。
嘱託警察犬試験に6回挑戦するも未だ桜は咲かず。

そんなきな子ちゃん、
2005年、地元TV局で取り上げられた訓練会で、
障害物を越えられず、見事な「顔面着地」を見せた事で、
一躍、時の犬となったそうです。

それでも諦めずに警察犬を目指して、ひた向きに頑張る姿に、
多くの人が勇気づけられ、
愛すべき「ズッコケ見習い警察犬」として、人気拡大中だそうです。


ちょっと、これにはって思いもあります。
だって、本当にきな子ちゃんが望んでいる事?って思いますもん。

でも・・・・
きっときな子ちゃんは、訓練士の方を信用し、大事に思い、
その方の喜ぶ姿が嬉しくて、訓練を続けているのかと。。。
ただ、ただ、喜ばせたくて、頑張っているのかと。

犬達って、そうなんです。
大事な人を、楽しませたくて、喜ばせたくて仕方ないんです。
その為に、必死でいろんな事を覚えます。

だから・・・・
そんな犬達の甲斐甲斐しい思い、理解してあげて下さい。
一緒に喜んであげて下さい。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。