スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長女のその後 

今年は、私達夫婦共、町内会のお役を頂きましたので、
何かと、今秋は忙しくしていたのですが、
先の日曜は、社会体育大会でした。

そんな訳で、我子供達は、
殆んどの時間をお留守番となりました。

主人の方が少し早くに帰宅した所、
長女の胡蝶が吐血したらしいのです。

いつもは冷静な主人なのに、
かなり慌てたらしく、
ただ、ただ娘の側に寄り添ったそうです。

我が家の行き付けの獣医さんは、月曜が定休。
だから、日曜なので、診察しているのですが、
唯一のを使って出た私が帰宅しない為、
主人は、尚更成す術がなかったらしいです。

私は運動会の後、仕事に行っていたので、
帰宅は9時を回ってました。。。。

でも、胡蝶の様子を見て、ちょっと安心。
しっかり私を探し、側に寄ってきたのです。

ただ、呼吸が苦しいらしく、
ガーガー、グルグルって鼻や咽喉が鳴ってました。

それで・・・・
迷惑だと分かりつつも、獣医さんに電話しました。
出血している以上、火曜日まで待たせれないと・・・

他の獣医さんも考えましたが、
信頼している獣医さんにお願いしたくて、
駄目もとで、電話しました。

やはり留守電。
しばらく待ちましたが、電話が掛かってきません。
この状況での時間って、一日千秋って感じですよね。

それで、獣医さんまで30分位掛かるので、
これも駄目もとで、獣医さんトコまでで行く事に。

向う途中、先生から電話が入りました。

先生は、月曜に趣味の登山の準備で、
既に出掛けているそう・・・(あいたっ

でも、丁寧に症状を聞いて下さり・・・・
出掛けた先から、戻って下さるそう。有り難い。

それで、時間外診療を受けました。

丁寧に、静かに、娘の状態を診て下さいました。

娘は吐血ではなく、鼻血でした。
原因不明の鼻血。


スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://koboruri.blog54.fc2.com/tb.php/125-bf6f45fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。